創業融資 必要 書類

  • 記帳代行に必要な資料とは

    記帳代行を行うためには、税理士に次のような資料を共有する必要があります。 ・日々発行される領収書や請求書毎日の取引を記帳していくことが記帳代行では最も重要であるため毎日の取引がわかる領収書や請求書がまずは必要になります。 ・企業のお金の流れを把握する為の通帳(コピーなど)どのくらいの売上があったか、毎月従業員にど...

  • 年末調整の流れと必要な書類

    年末調整の手順と必要書類は、 ①転職した方がいれば、転職前の源泉徴収票を回収する ②給与所得者の扶養控除等異動申告書、給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書、住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書、住宅借入金等特別控除申告書などの年末調整に必要書類を従業員から回収する ③回収した...

  • 税務書類の作成

    会社経営には、税務書類の作成業務がつきものです。しかし、この作成業務には、月次業務と年次業務があり、日常的に行うものと、定期的に行わなければならないものがそれぞれ存在するため、非常に手間がかかります。以下では、どのような税務書類を作成する必要があるのかを月次業務と年次業務に分けてご説明します。 ■月次業務・伝票整...

  • 確定申告の流れと期限~申告しないとどうなる?ペナルティは?~

    確定申告は基本的に2月16日から3月15日の間に書類を提出しなければなりません。ただし、今年は新型コロナウイルスの流行により、4月15日までと1ヶ月期限が延長されています。 確定申告の流れとして、まず必要書類(確定申告書・収支内訳書/青色申告決算書など)を作成します。医療費控除の明細書、社会保険料控除証明書、寄附...

  • 融資の種類~日本政策金融公庫・信用保証協会・プロパー融資のどれを選ぶべきか~

    よほど資金を持っている場合を除いて、創業、開業した時にどこかから資金調達をする必要があります。金融機関から融資を受けるなどして資金調達をしていきますが、ここでは融資の種類について見ていきます。 ○日本政策金融公庫日本政策金融公庫は政府系の金融機関で民間と異なり、利益だけを追求する金融機関ではありません。民間の金融...

  • 税理士が開業時に支援できること

    またビジネスにどれくらいのお金が必要でどうやって資金を調達するのかといったことについて支援を受けることができます。 都道府県、市区町村ではさまざまな創業支援を行なっていますし、日本政策金融公庫や民間の金融機関から融資を受けるなど、資金調達の手段はさまざまあります。その中でどういった支援を受けられるのか、どの支援を...

  • 独立・開業の際の流れ

    それを具体的に事業計画書として書類を作成していきます。 事業を起こす時は最初の資金調達に苦労する人が一定数存在します。そうした時に補助金や助成金、融資を受けることができますが、審査を突破する必要があります。そして審査を受けるためには具体的で明確な事業計画書の作成が必要となります。この部分は起業支援に強い会計事務所...

  • 銀行融資対策を税理士に依頼するメリット

    融資には金融機関などの審査が必要になりますが、審査に必要なものとして「決算書」や「事業計画書」があげられます。 融資の審査で重要なものとしては「返済能力」と「担保」がどれほどしっかりしているかということを主に審査します。会社としての資産や収益など会社が融資を受けることによって収益をあげることができて、融資金額を確...

  • 事業計画書の重要性と作成支援

    事業計画書のコンセプトとしては、「ターゲット層」、「競合他社の状況」、「商品やサービスの具体的な紹介」、「市場規模はどれだけのものか」ということを明確にする必要があります。そのうえで、会社の経営理念やビジョン、業務の流れ、具体的な販売戦略、価格、事業収支計画などを立てていき、事業計画書へ落とし込んでいきます。事業...

  • 相続税の節税対策~死亡後でもできる対策はある?~

    一般的には、相続税対策は「生前に行う対策」である生前対策を行うことが必要です。しかし、相続税対策を全くしておらず被相続人の死亡後でも相続税対策は効果は生前対策よりは薄いものの、可能ではあります。具体例としては、相続財産の圧縮、費用と負債の活用、控除の活用があります。 〇相続財産の圧縮相続財産が本当に適切な評価額か...

  • 相続対策の重要性~争族防止・相続税対策・納税資金対策~

    相続を行う際には「争族防止」、「相続税対策」、「納税資金対策」を行う必要があります。これら3つを確実に行っていないと納税資金が足りなくなったり、そもそもの遺産分割ができなくなり相続税の特例を使うことができなくなってしまうことも考えられます。 〇争族防止相続の際には争族になる可能性が非常に高いです。遺言書があれば争...

  • 相続発生から申告までの流れと期限

    相続放棄を行うためには、家庭裁判所で出向き、相続放棄の手続きを行う必要があります。 〇準確定申告相続が発生した日の翌日から4か月以内に被相続人の亡くなった年の確定申告を行います。この手続きは相続人が行うことになります。 〇遺産分割協議準確定申告まで終わるといよいよ遺産分割協議で被相続人の財産をどのように分割してい...

  • 年末調整と確定申告の違い|両方必要なのはどんな場合?

    年末調整は確定申告の代わりとなるものでありますが、両方必要な方は次のような方があげられます。 ・年収2000万円を超えている方・2か所以上から給与の支給を受けている方・医療費控除などの確定申告でないと控除を受けることの出来ない控除を適用したい方・年末調整の金額に誤りがあった方・給与所得以外の所得が20万円を超える...

  • 給与計算を行う上で知っておくべき賃金のルール

    給与計算を行う上で必要なことは「労働者に支払わなければならない最低賃金」や「賃金にまつわる法律」、「労働時間」などがあげられます。 「労働者に支払わなければならない最低賃金」労働者には最低賃金を下回る賃金しか支払わないということは禁止されています。労働時間ごとに最低支給しなければならない賃金は決まっているため、事...

  • 給与計算で行う作業

    そのため、従業員それぞれの源泉所得税や健康保険、年金の計算などを行う必要があり、そして毎年健康保険や年金などを源泉徴収する金額は変化していきます。 給与計算の業務には、実際に給与から源泉徴収する金額を計算し、従業員ごとに源泉徴収を行い、最終的には納税を行うところまでをすべて会社で一括して行う必要があります。給与計...

  • 会計指導の重要性~指導を受けずに自計化を進めるとどうなる?~

    具体的には、自社で会計ソフトを導入し、経営処理に必要なデータを会計ソフトに入力し、会計処理の運用を行います。 自計化には、専門知識を要する人材が必要であるため、多くの手間と時間がかかります。そのような際には、税理士による会計指導を受けることをおすすめします。 会計指導では、会計ソフトの導入、会計処理に必要な知識の...

  • 自計化を行うメリットとデメリット

    具体的には、自社で会計ソフトを導入し、経営処理に必要なデータを会計ソフトに入力し、運用していくことを行います。 自計化を検討する際には、メリットとデメリットを理解し、慎重に検討する必要があります。以下では、自計化を行うメリットとデメリットをご説明します。 ■自計化を行うメリット・コストの削減自計化を行うことで、会...

  • 経営者が知っておくべき中小企業の節税対策

    そのような企業に納税の負担は重くのしかかるため、中小企業にとって節税は必要不可欠です。税理士といった専門家に節税対策を一任するのも1つの方法ではありますが、それではさらにお金がかかってしまいます。 このようなことから、経営者自身が節税対策の方法を知っておくべきだと言えます。以下では、経営者が知っておくべき中小企業...

  • 確定申告が必要な人とは

    では確定申告が必要な人とはどのような人なのでしょうか。 ○自営業、個人事業主自営業や個人事業主として事業を営んでいる方は確定申告をする必要があります。自分でやらなければ誰もやってくれないからです。控除額を引いた所得額と納税額を確定申告によって確定させる必要があります。 ○公的年金受給者公的年金の受給額から所得控除...

よく検索されるキーワード

代表者紹介

北川吉博税理士の写真
税理士北川 吉博(きたがわ よしひろ)
  • ホームページをご覧頂いた方へ

    ホームページをご覧頂きありがとうございます。

    大阪府八尾市に事務所を構える北川会計事務所 代表の北川吉博です。

    お客様の“困った”を一緒に考え解決していく事務所を目指しております。

    こんな事を相談してもいいのかなと思う事も是非ご相談下さい。

  • 所属

    認定支援機関

    八尾商工会議所会員

事務所概要

事務所名 北川会計事務所
所在地 〒581-0869 大阪府八尾市桜ケ丘3-2-301号
TEL/FAX 072-999-0030 / 072-999-0035
代表資格者 北川 吉博(きたがわ よしひろ)
相談受付時間 9時~18時(事前予約で早朝又は夜も対応可能)
定休日 土日(事前予約で休日も対応可能)
アクセス 近鉄八駅から徒歩10分(専用駐車場あり)

知らせ

事務所通信 当事務所のお客様に対し、経営に役立つ情報提供をしております。
※資料の閲覧にはパスワードが必要です。 詳しくは当事務所までお問い合わせください。